事務局からのお知らせ

事務局からの連絡事項、活動報告など

好評により、連続講座の番外編を実施することが決まりました。連続講座に参加できなかった方も、番外編のみの参加可能です。問い合わせフォームから、お申し込みください。

ヘルスケア・アートマネジメント連続講座番外編 第9回 開催概要

日時:9/18(火)18:30~20:30
場所:名古屋市立大学ミッドタウン名駅サテライト
参加費: 300円

プログラム:
1)参加者の皆さんからの発表やひと言 60分
ヘルスケア・アートやマネジメントに関連した活動、研究、思いなどについて、発表を聞いたり、ひと言お話いただいたりします。
・連続講座の受講者から発表(一人5分) 7名程度 ※別途申込み
・上記を除く参加者からひと言

2)これからのヘルスケア・アートとマネジメントについて考える 30分
この分野の展望について、皆さんからひと言いただきます。実行委員長の鈴木教授からも意見をもらい、今後に向けた話をしましょう。

3)参加者同士の交流会 30分
ソフトドリンクとお菓子をご用意します 。意見交換の続きや名刺交換などのお時間として使ってください。


なごやヘルスケア・アートマネジメント推進事業の夏の目玉プログラム、連続講座(第1回~第8回)を無事終了いたしました。30名の募集に、60名を超える方から問い合わせいただき、会場の都合をつけて希望される回すべてに受け入れできました。
第1回の森合音さんの講義がもっとも参加者が多く、43名。第2回以降も31~35名の参加者にお越しいただきました。※一部の学生やスタッフを除く、社会人受講者の数です

最終回では、全8回の講座すべてに出席した方には、皆勤賞として「修了証」を、実行委員長の鈴木教授からお一人おひとりに手渡ししました。その数、なんと20名以上!! すばらしい出席率です。みなさんの熱意やヘルスケア・アートマネジメントへの興味関心を強く感じました。ここから、新しい展開も芽生えそうで、楽しみです。

9月18日(火)には、連続講座の番外編となる「第9回」の開催も決定しました。ふるってご参加ください。(寺井)




キックオフイベントとなる、シンポジウム「ヘルスケア・アートマネジメントってなんだ?」を6月23日(土)開催しました!
当日は開場するお昼ごろに雨が降る生憎の天気となってしまいましたが、大阪や神戸、京都、和歌山、三重、長野といった遠方からも足を運んでいただけました。お越しいただいた皆様にはありがとうございました。

会場の皆さんからの質疑応答やアンケートなどでは、「自己表現にとどまらないアートの役割に気づくことができた」「小児科以外の科でもアートが取り入れられるといい」「海外の事例を参考にしながらも、日本の特色を活かしたアートを」などの声を聞くことができました。
また、「初めて聞く話ばかりで目からうろこでした」という率直な感想もありました。

7月4日(水)スタートする連続講座の受付も始まっています!
事務局の予想を超えるスピードでお申込みいただいており、嬉しい悲鳴となっています。今月中に申し込みはいったん締め切りますが、残席については問い合わせフォームからご連絡ください。(寺井)


心身の不調や不安を抱えた人たちが、より快適に過ごせるよう、病院や福祉施設などにおけるアートの必要性・有用性が注目されてきています。作品の力や表現するという行為が、空間をいっそう生き生きと豊かなものにし、患者さんはもちろんご家族や医療関係者にもよい影響を与えます。

このプロジェクトでは、国内外のヘルスケアの現場で実践されているアート活動やマネジメントについて話を聞き、ヘルスケア・アートの輪をより広げていきたいと思います。



7月4日(水)からの連続講座 参加者募集中!

医療や福祉の現場において総合的・体系的なアートマネジメントのできる人材の育成をめざし、名古屋発のヘルスケア・アートマネジメント講座を全8回開講します。医療やデザイン、アート、文化芸術活動などさまざまな実践を積み重ねてきた8名の講師から、医療や福祉施設における患者さんとその家族や医療関係者とアートとの関わりを学び、アートマネジメントの役割や意義を考えます。


連続講座のお申し込みはこちら


文化庁「平成30年度 大学における文化芸術推進事業」に採択され、なごやヘルスケア・アートマネジメント推進プロジェクトがこの春からスタートしました!
文化庁のサイトは こちら です

名古屋市立大学でおこなうテーマは「ヘルスケア」。
全国各地の大学で「芸術活動を社会に生かす」マネジメントができる人材育成が取り組まれておりますが、名古屋市立大学では、さまざまな病院をはじめとした医療の現場に加え、介護など福祉の現場も含めた施設についてのアートマネジメントを考えていきます。くわしい目的や背景は、このウェブサイトの  ヘルスケア・アートマネジメントとは をぜひ参照してください。

文化庁の推進事業としては最長3年かけて、講座やワークショップ等を開いて普及発信をしていきます。その後も名古屋に根付いた活動をしていくことをめざし、活動していきます。どうぞよろしくお願いいたします。(寺井)