事務局からのお知らせ

事務局からの連絡事項、活動報告など

12月下旬から3月初旬にかけて、高齢者の医療福祉施設である名古屋市厚生院にアートを実際に導入するワークショップを開催いたします!
現場見学やヒアリング、導入するアート活動の企画検討および実施、そして振り返りまで、
一連の活動を通して、ヘルスケア・アートやそのマネジメントについて学びます。

初回の日程が決まりましたので、ご案内いたします。
ご案内から開催まであまり余裕のない日程となりまして、申し訳ありません。
以降の日程は、参加者や厚生院のご都合などを確認しながら決めてまいります。

ヘルスケア・アートマネジメント実践ワークショップ@高齢者施設

初回「現場見学&ヒアリング」

日時:2018年12月21日(金)午前9:30~12:30
場所:名古屋市厚生院
スケジュール
9:30 地下鉄「本郷駅」東口(2番出口)に集合、車で厚生院へ移動
9:45 厚生院着
10:00 現地見学& ヒアリング
11:00 アート活動についての意見交換
参加無料、募集人数10名程度(先着順)

全体スケジュール

  1. 1.「現場見学&ヒアリング、意見交換」
  2. 日時: 2018年12月21日(金)午前9:30~12:30頃 場所:名古屋市厚生院
  3. 2.「アート活動の企画検討会」
  4. 日時:2019年1月上中旬  場所: 名古屋市内(参加者の集まりやすい日時や場所を設定)
  5. 3.「アート活動の企画を厚生院へ提案し、意見交換」
  6. 日時:1月下旬(厚生院さんの都合などを確認し決定) 場所:名古屋市厚生院
  7. 4.「3を受けて企画内容の再検討&ブラッシュアップ」
  8. 日時:1月下旬~2月上旬  場所: 名古屋市内(参加者の集まりやすい日時や場所を設定)
  9. 5.「アート活動の実施(設置または開催)」
  10. 日時:2月下旬~3月初旬 場所:名古屋市厚生院(予定)
  11. (アート活動内容や厚生院さんや参加者の都合など確認し決定)
  12. 6.「アート活動の振り返り(厚生院アンケートまたは ヒアリング )」
  13. 日時:3月上中旬  場所:名古屋市厚生院

アート活動の内容案

「高齢患者」「ひな祭り」に合わせた空間装飾や作品設置、体験や鑑賞など。
※現場見学とヒアリングの上、参加者で企画を考えます。

注意事項

※できるだけ多くの日程に参加いただけるとより実践的な力が習得できますが、都合により参加できない日程もあるかと思いますので、参加の仕方などは個別のご相談させていただきます。全日参加ができない場合でもお申込み・お問い合わせください
※12/19に予定している「ヘルスケア・アートマネジメント実践ワークショップ」に参加いただけると、より効果的です。
https://healthcare-art.net/news/notice/entry-49.html
※講座の参加者への交通費や謝金のお支払いはできません。

参加申込

初回12/21(金)の現場見学への参加を希望される方は、
12/17(月)までに、メールまたはFAXで
件名や見出しに「ヘルスケア・アート実践WS申込」と明記の上、
①お名前(ふりがな)②電話番号 ③メールアドレス ④年齢 ⑤職業 ⑥お住いの都道府県(愛知県の場合は市)をお知らせください。
※ 初回にご都合の悪い方も1月以降の活動にご参加いただけますので、期日以降も活動期間中は随時参加のお問い合わせを受け付けております。

<申込・問合先>
なごやヘルスケア・アートマネジメント推進プロジェクト事務局
E-mail healthcare_art@sda.nagoya-cu.ac.jp
FAX 052-721-3110(芸術工学部事務室)


お待たせしました! ヘルスケア・アートマネジメント事業の後半のワークショップに関連して、「企画ワークショップ」を開催いたします。下記が詳しいご案内となります。先着順となりますため、お早目のご応募をお待ちしています。

ヘルスケア・アートマネジメント企画ワークショップ

療養環境にアートを導入するうえでの、プロセスや体制、アート活動の具体的な事例について、名古屋市立大学での取り組み等を紹介した上で、本ワークショップでは実際にアート企画のアイデアをグループで話し合い、考えます。

◆開催概要:

日時:2018年12月19日(水)18:30~21:00(18:00開場)
場所: 名古屋市立大学ミッドタウン名駅サテライト
(JPタワー 名古屋 5階ミッドタウンクリニック名駅 隣接)
名古屋駅より徒歩数分 ※連続講座と同じ会場です。

参加無料、募集人数20名(先着順)
 ※筆記用具をご持参ください。

◆ プログラム:

1)名古屋市立大学におけるヘルスケア・アート活動の導入プロセス、体制、内容  
 講師:高野 真悟(彫刻家、名古屋市立大学大学院芸術工学研究科 博士後期課程)  
2)療養環境におけるヘルスケア・アートの事例  
 講師:鈴木 賢一( 名古屋市立大学大学院芸術工学研究科 教授)  
3)グループに分かれてヘルスケア・アートの企画、アイデア出し  
4)グループごとに企画案の発表  
 ※内容は変更することもございます  

◆参加申込

参加を希望される方は、12/12(水)までに、メールまたはFAXで、件名や見出しに「12/19ヘルスケア・アート企画WS申込」と明記の上、①お名前(ふりがな)②電話番号 ③メールアドレス ④年齢 ⑤職業 ⑥お住いの都道府県(愛知県の場合は市)をお知らせください。

<申込・問合先>  
なごやヘルスケア・アートマネジメント推進プロジェクト事務局  
E-mail healthcare_art@sda.nagoya-cu.ac.jp  
FAX 052-721-3110(芸術工学部事務室)


第1回 ヘルスケア・アートマネジメント連続講座 2018.07.04  
病院アートディレクターの役割  森 合音

ヘルスケア・アートマネジメント推進プロジェクトの3本柱である、夏の連続講座の詳細レポート「第1回 森合音さん」をアップしました! 講座でお話いただいた、たいへん貴重な情報をこのように公開させていただくことを許可いただき、森さんには感謝の気持ちでいっぱいです。遠方にあって講座を受講できなかった方には、ぜひご一読いただけたらと願います。

トップページからもアクセス可能で、下記URLをクリックしてもご覧になれます。
https://healthcare-art.net/case/mori.html

今後、こうしたレポートを「事例紹介」のページに掲載していく予定です。国内外のヘルスケア・アートの「これまで」「いま」「これから」を多くの方と共有し、発展していけたらと願っています。(寺井)



これまでの放送 2018年10月17日(水)  
世界が注目!アートの力 健康・長寿・社会が変わる

先日お知らせした「NHKクローズアップ現代プラス」の放送内容の詳細が、NHKのホームページで公開されています。
 ・四国こどもとおとなの医療センターにおけるアートの取り組み
 ・金沢市立病院と金沢美術工芸大学の連携によるアートの取り組み
 ・CW+寄付財団 アートディレクター トリスタン・ホーキンズさんの語るアートの力 など
見逃した方は必見です!
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4194/


好評により、連続講座の番外編を実施することが決まりました。連続講座に参加できなかった方も、番外編のみの参加可能です。問い合わせフォームから、お申し込みください。

ヘルスケア・アートマネジメント連続講座番外編 第9回 開催概要

日時:9/18(火)18:30~20:30
場所:名古屋市立大学ミッドタウン名駅サテライト
参加費: 300円

プログラム:
1)参加者の皆さんからの発表やひと言 60分
ヘルスケア・アートやマネジメントに関連した活動、研究、思いなどについて、発表を聞いたり、ひと言お話いただいたりします。
・連続講座の受講者から発表(一人5分) 7名程度 ※別途申込み
・上記を除く参加者からひと言

2)これからのヘルスケア・アートとマネジメントについて考える 30分
この分野の展望について、皆さんからひと言いただきます。実行委員長の鈴木教授からも意見をもらい、今後に向けた話をしましょう。

3)参加者同士の交流会 30分
ソフトドリンクとお菓子をご用意します 。意見交換の続きや名刺交換などのお時間として使ってください。